FC2ブログ
吉祥寺探訪ガイド キッタンといっしょ
吉祥寺コンシェルジュキャラクター「キッタン」が吉祥寺のいろいろな場所・イベントをご案内!  【キッタンテイ】では、吉祥寺の謎を随時募集中!
201807<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201809
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
武蔵野市史へのいざない ~吉祥寺南町三丁目遺跡と三鷹天文台構内古墳~
kittan minami3  blog
今回は、前回キッタンが力尽きて紹介できなカッタ
「吉祥寺南町三丁目遺跡C地点」のお話をシマス♪
(ちなみに上の写真は、キッタンが思う吉祥寺南町三丁目遺跡C地点推定地デス)

こちらの遺跡は、2003年から2004年にかけておこなった
初めての大規模な発掘調査だったそうデスよ。

前回は、弥生時代には市内からの出土品はなく、
古墳時代も、御殿山から土師器1点が出土したのみ。と記載したのデスが、
三丁目遺跡からは、弥生時代~古墳時代にかけての土器片が6点出土シマシタ!
また、奈良~平安時代にかけては、武蔵野八幡宮所蔵の「蕨手刀」のみダッタのが、
平安時代の住居跡が2軒と、墨書土器・土師器・須恵器・瓦などが出土したそうデス。

『武蔵野市史』発行から33年の年月を経て、
武蔵野市内にも弥生~平安時代に人が住んでいたことが分かったのデスね。


また、前回古墳について
「(武蔵野市)周辺地域にも古墳と思われるものは無いんだそうデス」と書いたのデスが、
アリマシタ!古墳!!
三鷹に「天文台構内古墳」という上円下方墳があったのデス。
武蔵野市からは少し飛びマスが、
こちらはその名の通り、
三鷹市にある国立天文台三鷹キャンパス内にある古墳デス。

こちらの古墳は、昭和45年の三鷹市の市史編纂に伴って発掘調査はなされていたのデスが、
新たにおこなった2004年からの調査で、
この古墳が上円下方墳だということがわかったのデス。

この上円下方墳、今のところは全国に4例しかない珍しい古墳で、
そのうちの1つが府中にアリマス。
府中の古墳(武蔵府中熊野神社古墳)は、
府中に国府を置く以前の、この地の勢力を知るうえで重要なものと考えられてイマス。
三鷹の天文台構内古墳は、
この府中の熊野神社古墳と石室の造りも天井石も一緒とのことで、
何らかの関わりがあったのではないかと考えられているそうデスよ。

チナミニ三鷹市では、古墳は天文台構内古墳1つだけデスが、
古墳時代後半から6・7世紀にかけて作られた「横穴墓」は7群確認されているそうデス。
そのうち野川流域の出山横穴墓群は、
付近が「大沢の里」と呼ばれていて、わさび田や湧水があるのだそうデス。
お散歩にはもってこいデスね♪


【オマケ】
キッタン、実はこの前の9月6・7日にアリマシタ
三鷹「天文台構内古墳」の一般公開に行ってきちゃいマシタ!kittan1
kittan zyouenkahouhun  blog
写真は古墳の断面で、
手前から、墓前域-羨道-前室-玄室となってイマス。
たくさんの人が見に来てイマシタよ☆

オマケのオマケ。
kittan tenmondai  blog
こちら第一赤道儀室デス。「天文台」ッていう感じデスね!
このスグ横に上円下方墳はアリマシタ


参考資料
・ 『吉祥寺南町三丁目遺跡C地点 武蔵野市井の頭遺跡群』 2006.6
・ 『「武蔵野の歴史展」~人々の暮らし~』 武蔵野市教育委員会
・ 天文台構内古墳 現地見学資料 三鷹市教育委員会
・ 三鷹市 出山横穴墓群8号墓保存・公開施設利用案内  三鷹市教育委員会
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。