吉祥寺探訪ガイド キッタンといっしょ
吉祥寺コンシェルジュキャラクター「キッタン」が吉祥寺のいろいろな場所・イベントをご案内!  【キッタンテイ】では、吉祥寺の謎を随時募集中!
200805<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200807
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
むさしの市史へのいざない ~御殿山遺跡~
キッタンは最近フト、市内の史跡を巡りたいナァ、という思いに駆られマシタ。
思い立ったらスグ行動!トイウコトで、
『武蔵野市史*』で付け焼刃の勉強をシテ、
まずは、井の頭公園内にある「御殿山遺跡」へ行ってみることにシマシタ。

御殿山遺跡からは、旧石器時代の石器がほんのチョットと
縄文時代の石器・土器・住居跡が出てきているそうデスよ。

ただ、付け焼刃のせいか、キッタンは御殿山遺跡の正確な場所がどうもわからないのデス。
『武蔵野市史』によりマスト、
「御殿山遺跡で発掘された遺跡(住居跡)は、柱穴に木柱をたてて埋め戻し、
そこに石碑を建てた。」
と書いてアリマシタので、キッタンはその木柱と石碑を探しに
井の頭公園へ行きたいと思いマス。

何はともあれ、まずは井の頭池に足が向いちゃいマス。
ikenohata blog
旧石器時代や縄文時代にここに人が生活シテイタのも、
井の頭池の水源があったからなのデスよね。

・・・と思ってイマシタラ、池の端(弁財天のすぐ脇)に看板を発見!
「東京都史跡 井の頭池遺跡群」とアリマス!
看板には、「井の頭池遺跡群は、井の頭池周辺の遺跡群で
井の頭公園内(武蔵野市・三鷹市両市にかかる)の
縄文時代主体の遺跡群(中世の板碑ナドもあるらしいデスが)」とのことデス。
キッタンが目指す武蔵野市の御殿山遺跡も、
この井の頭池遺跡群に入るのデスね。

アッ!しかも看板に
「昭和三十七、八年に現在地の西北約五十メートルの台地上が発掘調査されて
・・・(中略)・・・御殿山遺跡の名前でよばれている」 と書いてアリマス!
この池の端の看板から、西北に50メートルほど行った台地上に
御殿山遺跡があるのデスね。
・・・なんだかオリエンテーリングのようになってきた気がシマス。


トイウコトデ、看板のある池の端から、西北方向の小高い丘に登ってミマスと・・・
kittan genchi blog
更にまた看板を発見!
しかも今度は「昭和三十七、八年に 現在地 の発掘調査が行われ・・・(以下略)」
と書いてアリマシタ!
オオッ!ここがゴールデスよ!御殿山遺跡デスよ!万歳!!
kittan zenkei  blog


・・・アレ。
でも当初目指してイタ、石碑と木柱が無いデスね。
kittan sekihi  blog
と思ったら、チャント石碑はアリマシタ。
先ほどの看板から程近い、
井の頭自然文化園(本園)と井の頭公園を結ぶ歩道橋の近く(吉祥寺駅方向)にアル
茶店の向かいあたりにアリマシタよ。

石碑の文面は、モウ読めなくなってしまってイマシタが、
隣には、石碑の文面を書いた看板が建ってイマス。
それによると、この御殿山遺跡は、
キッタンが付け焼刃で読んだ『武蔵野市史』の編纂事業の一環として
発掘調査がおこなわれたとのことデス。

木柱のほうは・・・結局キッタンは、見つけることが出来ませんデシタ。
もう朽ちてしまったのデショウか。

ここで発掘された建物跡(竪穴式住居跡3つ・敷石住居跡1つ)はどれも縄文時代のもので、
竪穴式住居の1つからは、91個もの打製石斧が出てきたそうデス。
1ヶ所から打製石斧が大量出土するのは珍しいとのことデスが、
何でこんなにたくさん出てきたかは分かっていないそうデスよ。
また、敷石住居跡は現在、「江戸東京たてもの園」に復元され展示してあるそうデス。
・・・良いナァ。江戸東京たてもの園。  ・・・行ってみたいナァ。

以上、御殿山遺跡デシタ。
何はトモアレ、遺跡の場所が無事見つけられて良かったデス♪
みなさんも井の頭公園散策の折には
「御殿山遺跡」を探してみるのも楽しいかと思いマスので、ゼヒ!


『武蔵野市史*』 1970年3月  武蔵野市史編纂委員会  発行:武蔵野市
 ・ちなみにキッタンには、『武蔵野市史』が分厚く重かったため 
  『武蔵野市史 原始・古代編 中世編 抜刷』というハンディサイズの方を使ってイマス。 
スポンサーサイト
市民協働サロン 6月のサロンカフェ お知らせデス
kittan 6salon cafe chirashi blog
アラ、なんだか素敵な雰囲気のチラシデス。
こちらは、市民協働サロンの「6月のサロンカフェ」のチラシなんデス。

サロンカフェは、3月にキッタンもお邪魔した「陽だまりサロンカフェ」がはじまりで、
その後も連綿と続いていっているそうデスよ。

ちなみに、チラシにサロンカフェについての説明が記載されてイマスので、
ここで紹介シマスね。
『市民協働サロンでは、市民活動・NPO活動の交流の場として、
 毎月、第四土曜日の午後に「アフタヌーンティーカフェ」を開催しています。
 カフェでは、ご登録団体による活動の紹介や作品展示もおこなっていますので、
 ぜひ、団体の情報発信の場としてもご活用ください。』

ちなみに「6月のサロンカフェ」は
日時:6月28日(土)午後1時~4時
場所:市民協働サロン(武蔵野市役所西棟7階)
* お飲み物とお菓子(無料)をご用意してお待ち下さるそうデス!ウフフ絵文字名を入力してください

また、新日本婦人の会武蔵野市部による作品展
『ご一緒に楽しみませんか 絵手紙 こぎん刺し・布ぞうり』も開催されるそうデス。
こちらでは、絵手紙の体験コーナーもアリマス。
キッタンも絵手紙を作れるのデショウカ!? 楽しみデス♪

市民活動や市民協働サロン、絵手紙体験!などに
ご興味のある方は、ぜひぜひご参加なさってみてクダサイ!

けやきコミュニティーセンター ギャラリーの個展 に行ってきマシタ!
kittan koten  blog
けやきコミセンの2Fギャラリーで開催中の個展に
行って来マシタよ!

実は、現在こちらでは
吉祥寺コンシェルジュさんの横山サンの個展が開かれているのデス。
個展なんてすごいデス!!
ということで、キッタン早速行って来マシタ。

ギャラリーには、絵本、七宝焼き、カリグラフィー、ポストカードなどの作品が
展示してアリマシタ。
ご自身がヘルパーのお仕事で体験サレタ
実話をもとにして描かれた絵本は、
やさしい印象ながら元気が感じられて
お人柄があらわれているナァと思いマシタ。
あとの作品は会場に行ってからのお楽しみデス!

開催中は、コンシェルジュの横山サンはずっと会場にいらっしゃるそうデス。

あと、けやきコミセン自体もステキな施設デシタ。
ナント!ちひろ美術館を作られた方と同じ方が設計したそうデスよ。

        横山 正子 個展 
-絵本とグリーティングカードとミニ・スケッチ- 
は、24日(火)までやってイマス。
時間は10:00~19:00となってイマスので、ぜひどうぞ!

けやきコミュニティーセンター
住所 : 武蔵野市吉祥寺北町5-6-19
電話番号 : 0422-54-8719
行き方 : 吉祥寺北口よりムーバス北西循環に乗り、
     「31.けやきコミセン」下車
吉祥寺コンシェルジュ4周年イベント開催!
KC4周年 1  blog
昨日6月16日で、
吉祥寺まち案内所は、リニューアルオープンしてから
ちょうど4年が経ちマシタ。

そこで先日14日には、吉祥寺コンシェルジュ4周年記念イベントを開催シマシタ。
このイベントの第1部は、写真にもあるように
「まちのみなさんと吉祥寺コンシェルジュが語り合う吉祥寺」ワークショップを
おこないマシタよ。

まずは緊張をほぐすため、ネームトスというみなさんの名前を覚えるゲームをシマシタ。
このゲームはみんなでボールを投げ合い、
ボールを受け取った人が、もらった人と自分と投げる相手の名前を言っていく、
というゲームなのデス。
しかし気づいた時には、ボールのかわりにキッタンが
皆さんの間をポーンポーンと飛び交ってイマシタね。

その後コンシェルジュさんとまちの方が2班に分かれて、それぞれ
「吉祥寺(武蔵野市)の名産品」、「吉祥寺コンシェルジュから見た吉祥寺のまち」
について話し合ってイマシタ。
どちらの班もかなり活発な意見が出ていたようで、
時間内にまとめるのが大変そうデシタよ。

続いての第2部は懇親会で、
普段交流する機会の少ないまちの方と吉祥寺コンシェルジュさんが
和気藹々とお話し、食べ、お酒を飲んでイマシタ(笑)
自己紹介もみなさん面白く、
キッタンも全員の方のお名前とお顔を覚えることが出来マシタよ。



最後に・・・
kittan tenzyou  blog
キッタンが天井からぶら下がってイルッ!!?
なんとなんと、ミニミニキッタンを会場に飾ってもらえマシタ。
嬉しいデス、ハイ♪絵文字名を入力してください
井の頭自然文化園の彫刻園 に行って来マシタ!
井の頭自然文化園には、北村西望の彫刻がアルらしい
というお話を聞いたキッタンは、
そんな場所があったカシラン?と半信半疑ナガラも、
自然文化園へ彫刻を探しに行ってきマシタよ。

ソウシタラナント!?
自然文化園本園の一部内に、「彫刻園」という
北村西望の作品とアトリエがある一角を発見シマシタ!
前回キッタンが、ゾウのはな子さんに会いに井の頭自然文化園に来た時には、
彫刻園には全く気づかなかったのデスが、
リスのコーナーや鳥のコーナーの奥に、アリマシタアリマシタ!彫刻園。

自然文化園にこんな奥行きがあるなんて知りませんデシタが、
彫刻園の地図はこんな感じデス。
kittan annnaizu  blog
チナミニ北村西望は長崎出身の彫刻家で、
有名な作品に長崎の平和祈念像がアリマス。

作品は彫刻館内にも飾られているのデスが、
屋外にもかなり展示がされてイテ、
緑深い中に彫刻がいくつもドーンとある雰囲気は、とても独特な感じデシタ。
kittan tyoukokusoto2  blog

彫刻園のパンフレットによりマスと、
北村西望は、長崎の平和祈念像をここのアトリエで制作したそうデス。
その後、アトリエや祈念像原型などの多くの作品が東京都に寄贈されて、
昭和33年に一般公開されるようになったそうデスよ。


kittan zentai  blog
アトリエ館では、北村西望が考えた「石膏直付け」の技法について知ることが出来マス。
また、作品はA館・B館に分けて展示されてイマス。
A館では、平和祈念像(原型)の顔の高さと、同じ高さから祈念像を見ることができて
すごい迫力デシタ!


チナミニ、北村西望は1951年~1955年の5年の歳月をかけて
長崎の平和祈念像を作成してイマス。
1884年生まれの北村西望は平和祈念像作成開始時、既に60代後半だったのデスね。
また北村西望略歴によると、北村西望は1987年に満102歳で逝去したそうデス。
長生きだったようデス。


その他、彫刻園では第1・3の金曜日と土曜日に「彫刻園ガイド」が開催されてイマス。
時間は13:00~で、彫刻館A館前集合とのことデス。
また、彫刻館でコンサートなども開催され、
応募締め切りは過ぎてシマイマシタが、
6月は「カエルの季節のボサノバコンサート」が開催されるそうデス。

今度はキッタン、彫刻園ガイドに参加してみたいと思ってイマス♪
みなさんも、井の頭自然文化園に遊びにいらした時は
ぜひ彫刻園も散策してみてクダサイ。
お父さんお帰りなさいパーティー に行ってきマシタ!
6月7日(土)に、
「第9回お父さんお帰りなさいパーティー」に行ってきマシタ。
kittan otopa  blog

13:30開会で、
挨拶のあとは、まずは林家ライス・カレー子ご夫妻の
「セカンドライフの笑(ショー)タイム」という漫才がアリマシタ。
その後は、交流会・地域活動団体紹介・懇親会と続いていきマシタ。

林家ライス・カレー子さんの漫才は、
面白いだけでなく、ネタに環境・福祉・教育など(地域)社会の問題が
しっかりと盛り込まれていて好評デシタよ。
最後は「明るく・元気に・一生懸命」を参加者一同で唱和して終わりました。
その他、小金井のボランティアセンター他他市からのご参加もあり、
活動地域・分野に縛られることなく、積極的な交流が行なわれてイマシタ。

また、キッタンが写真を撮っていたら、
「何コレ?」と多くの方に興味を持っていただいて、
キッタン自身の知名度向上にも役にたった・・カナ?
なんて思ってマス。
2008年も入梅デス。
kittan azisai  blog
今年の気象庁の入梅宣言は、平年より6日早く、
昨年よりは20日も早かったそうデスね。
今年は入梅宣言したあたりから、本当にずっと梅雨!!という感じで
最近、キッタンはお日様を見ていない気がシマス。

・・・と思ったのデスが、今日は良い天気デスね!!
お昼ごはんを外で食べたら、焼けて焦げてしまいそうになりマシタ。

でもせっかくナラバ梅雨の気分を満喫しようと、
雨の似合うあじさいの花を探しに、井の頭公園に行ってきマシタ。

京王線井の頭公園駅より更に東側の神田川のほとりには、
あじさいの株がいくつか植わってイマシタよ。
見ごろはもう少し先の様子デシタが、
それでもいくつか色づいている花もアリマシタ。
またキッタンが行った時には、
あじさいの他にも、近くには菖蒲の花も咲いてイマシタし、
川のせせらぎや、木々の新緑もとっても素敵デシタ~。


シカシ今回、訪れたのが雨上がりダッタために、
公園内の土が湿っていて、キッタンかなり泥だらけにナリマシタッ。
みなさんも行かれる時は、
動きやすく、そして多少汚れても大丈夫な格好がお奨めデス♪

これから見ごろのあじさい。
ぜひご覧に、井の頭公園へお出かけになってみてクダサイ。
「吉祥寺探偵 キッタンテイ」 ~FILE 09:卓球場は今いずこ?~
吉祥寺のまちにひしめく謎たちが、今日もキッタンテイを呼んでイル(・・気がスル)。
そんな謎を追い求めて、キッタンテイは今日も行く・・・。

この間、吉祥寺まち案内所で「武蔵野卓球場」についてのお問い合わせがアッタ。
新聞に記事が載っていたようなのダガ、位置がわからないとのこと。
ヨシッ!こんな時こそキッタンテイの出動ダッ!!
武蔵野卓球場の場所を探して来ヨウ!!!

トイウコトデ、まずは情報収集。
掲載サレタ新聞記事(『読売新聞』5月26日朝刊)を読んでミルト。

ナニナニ・・・。
武蔵野卓球場は、卓球世界選手権で12個の金メダルを獲得した
「世界のオギムラ」こと荻村伊智朗氏が通った卓球場トノコト。
卓球場の上原さんと荻村選手の温かい交流の記載もアリ、
そんなスゴイ卓球場が武蔵野市にはあったのかと、キッタンテイ驚イタゾ!

記事によると、
現在は、かつてあった五日市街道沿いの角地から、少し中に入った辺りらしいのダガ・・・。
kittantei itsukaichikaidou  blog

また、どうやら「宮本小路」と五日市街道の交わる角地に、
かつては卓球場がアッタのではないか、という情報をつかんダ。
トイウコトハ、現在はこの宮本小路沿いにあるということカシラン。
kittantei miyamotokouzi  blog
チナミニこの「宮本小路」とは、
江戸時代に吉祥寺村が出来た当初よりの家である「宮崎家」の本家と分家の間の道で、
宮崎家本家の通りトイウコトデ、「宮本小路」として名前が残っているラシイ。
(まちあいHPより)


武蔵野卓球場を求めて、宮本小路をウロウロするキッタンテイ。
しかしながら、ナイ!
kittantei nai  blog
アァ、空がきれいだナァなんて、
見つからないものだから、チョット遠くを眺めてみてミタリ・・・。



駄目ダッ!!ドウモ見つからナイ!

ナノデ、戻って再度新聞を読んでミルと、
アレ・・・どうやら外に表札は出ていないらしい。
(キッタンテイ、チャント新聞読んでナカッタのか!!?)
シカシ、おそらくキッタンテイがウロウロしていた辺りに、あったこととは思う。


この武蔵野卓球場は、おしむらく6月でとりこわされてしまラシイが、
「世界のオギムラ」の名前とともに、
吉祥寺・武蔵野市の歴史として刻まれていくのデアロウ・・・kittanntei
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。