吉祥寺探訪ガイド キッタンといっしょ
吉祥寺コンシェルジュキャラクター「キッタン」が吉祥寺のいろいろな場所・イベントをご案内!  【キッタンテイ】では、吉祥寺の謎を随時募集中!
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
井の頭自然文化園の彫刻園 に行って来マシタ!
井の頭自然文化園には、北村西望の彫刻がアルらしい
というお話を聞いたキッタンは、
そんな場所があったカシラン?と半信半疑ナガラも、
自然文化園へ彫刻を探しに行ってきマシタよ。

ソウシタラナント!?
自然文化園本園の一部内に、「彫刻園」という
北村西望の作品とアトリエがある一角を発見シマシタ!
前回キッタンが、ゾウのはな子さんに会いに井の頭自然文化園に来た時には、
彫刻園には全く気づかなかったのデスが、
リスのコーナーや鳥のコーナーの奥に、アリマシタアリマシタ!彫刻園。

自然文化園にこんな奥行きがあるなんて知りませんデシタが、
彫刻園の地図はこんな感じデス。
kittan annnaizu  blog
チナミニ北村西望は長崎出身の彫刻家で、
有名な作品に長崎の平和祈念像がアリマス。

作品は彫刻館内にも飾られているのデスが、
屋外にもかなり展示がされてイテ、
緑深い中に彫刻がいくつもドーンとある雰囲気は、とても独特な感じデシタ。
kittan tyoukokusoto2  blog

彫刻園のパンフレットによりマスと、
北村西望は、長崎の平和祈念像をここのアトリエで制作したそうデス。
その後、アトリエや祈念像原型などの多くの作品が東京都に寄贈されて、
昭和33年に一般公開されるようになったそうデスよ。


kittan zentai  blog
アトリエ館では、北村西望が考えた「石膏直付け」の技法について知ることが出来マス。
また、作品はA館・B館に分けて展示されてイマス。
A館では、平和祈念像(原型)の顔の高さと、同じ高さから祈念像を見ることができて
すごい迫力デシタ!


チナミニ、北村西望は1951年~1955年の5年の歳月をかけて
長崎の平和祈念像を作成してイマス。
1884年生まれの北村西望は平和祈念像作成開始時、既に60代後半だったのデスね。
また北村西望略歴によると、北村西望は1987年に満102歳で逝去したそうデス。
長生きだったようデス。


その他、彫刻園では第1・3の金曜日と土曜日に「彫刻園ガイド」が開催されてイマス。
時間は13:00~で、彫刻館A館前集合とのことデス。
また、彫刻館でコンサートなども開催され、
応募締め切りは過ぎてシマイマシタが、
6月は「カエルの季節のボサノバコンサート」が開催されるそうデス。

今度はキッタン、彫刻園ガイドに参加してみたいと思ってイマス♪
みなさんも、井の頭自然文化園に遊びにいらした時は
ぜひ彫刻園も散策してみてクダサイ。
スポンサーサイト
キッタン遠足 その2 ~千川上水 と 玉川上水~
今回は、前回に引き続きマシテ、武蔵野市北西部「キッタン遠足」の後半編デス。

お弁当を食べて元気になったキッタンは、一路千川上水を目指シマス。
その途中、武蔵野中央公園を通りマシタ。
tyuuoukokuen blog

秋深い公園の景色デス。
この公園は、紙飛行機のメッカだと聞いたことがアリマスが、
キッタンが行った時には紙飛行機は飛んでいませんデシタ。
(雨だったからかもシレマセン。)
バーベキューのできる広場もアル、広い公園デシタ。

続いて。ジャン!
senkawasyougakkou  blog

武蔵野の風景に、どことなくヨーロピアンな建物が出現デス!
こちらは武蔵野市立千川小学校なんだそうデス。
趣のアル立派な建物デスね~。
senkawasyou momizi

校門の前の紅葉もきれいに色づいてイマシタよ。


そして千川上水に到着!
senkawazyousui  blog

これを下っていけば、この間出張epiの会で行った
江古田の千川通りにつながるんだろうナァきっと、と思いナガラ
でも今回は千川上水をさかのぼって、玉川上水との分水地点まで行くことにシマス。
千川上水沿いはきれいに整備されてイマシタよ。

tamagawazyousuihi  blog

玉川上水と千川上水の分水地点付近には、こんな碑が建ってイマシタ。
ここから今度は玉川上水を下っていきマスと、
桜橋のたもとに、「国木田独歩文学碑」がアリマシタ。
kunkidadoppohi blog

この碑には、国木田独歩の『武蔵野』の一節、桜橋の出てくる部分が
抜き出されて刻まれてイマス。
この碑は、玉川上水の鬱蒼とした緑に囲まれているため、
なかなか近寄りがたいのデスが、
お散歩の際には、みなさん是非ご覧になってみてクダサイ。

この後キッタンは境浄水場の脇を通って玉川上水沿いに三鷹駅に到着。
(キッタン三鷹駅も初デシタ!)
これにて小雨降りしきる中でのキッタン遠足は、無事終了デス!
普段の生活圏が吉祥寺ばかりのキッタンデスが、
今回の遠足で、だいぶ武蔵野市をめぐることが出来マシタ。
これで、案内所で、三鷹の方とか市役所の方と言われても、
ドキマキしなくてすみそうデス♪
キッタン遠足 その1 ~成蹊大学けやき並木 と 武蔵野市総合体育館~
キッタン常日頃より吉祥寺まち案内所にイルため、
考えてみたら武蔵野市のほかの地域には、あまり行ったことが無いナァ、
とふと思いつきマシタ。
思いついたら、もうウズウズと行ってみたくナリ、
キッタンは秋の武蔵野(市)へと遠足に出かけてきマシタ!

まずは成蹊学園のケヤキ並木!
seikeinamiki  blog

ナントまぁ、ケヤキがキレイに色づいているのデス。
キッタン、成蹊学園のケヤキ並木は
五日市街道から見えるところだけだと思っていたノデ、
学園の脇にこんな見事なケヤキ並木があったとは驚きデシタ!
樹齢は約110年、高さは12メートルを越えるそうで、
大正13(1924)年に成蹊学園が池袋より移転された際に植林されたとのことデス。
(『むさしの観光まっぷ』ヨリ)
otohuukei  blog

ちなみに成蹊学園のケヤキ並木は、「残したい日本の音風景100選」に
選ばれているそうデスよ。

また、ケヤキ並木から、大学側に面白い建物を発見デス!
tosyokan  blog

透明な建物の中に、巨大な丸いカプセルがアリマス!
ナンダカ未来の不思議道具の一つみたいデス。
キッタンぜひあのカプセルに入りたかったのデスが、
どうやらこの建物は大学の図書館(?!ビックリデス!)のようデシテ、
キッタンは簡単には入れてもらえなさそうナノデあきらめマシタ(*1)。
アァ巨大カプセル・・・。
*1・・・武蔵野地域(武蔵野市・三鷹市・小金井市・西東京市・練馬区・杉並区)の住民の方は、
     利用願の申請をおこなうと大学図書館を利用できます

その後キッタンは成蹊大学を旅立ちマシテ、武蔵野総合体育館に向かいマシタ。
その途中で大野田公園や大野田小学校を通りマシタ。
コンシェルジュさんによると、この大野田公園は春は桜がとってもきれいなんだそうデス。
チナミに、向かった先の武蔵野総合体育館のグラウンドも桜が立派で、
春には桜のために、グラウンドの一般開放をおこなうのデスよ。
キッタン来年は花見に来なくては!デス。
sougoutaiikukan  blog

グラウンドの土手の上にみえる赤っぽい木が、さくらさくらデス。


ひとまず「キッタン遠足 その1」はここまでデス。
この後キッタンはご飯を食べて、千川上水・玉川上水へと向かいマス。
この続きは次回お送りしたいと思いマス♪


~おまけ~
遠足ということで、コンシェルジュさんがお弁当作ってきてくれたのデス!
やったデス!すごいデス!うれしいデス!遠足万歳デス!
obentou  blog
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。